ブルーベリーの葉の効能とは

ブルーベリーは目によいとされていますが、そのほかにも白内障や高血圧、糖尿病などにもよいといわれています。また、ブルーベリーはその葉にも栄養があってたくさんの抗酸化作用が多く含まれているそうです。その抗酸化作用は、果実に含まれているアントシアニンでも10倍の濃さだとか。

 
そして、ブルーベリーの葉をお茶にして飲むことでもっといろいろな効果が期待できるということです。ブルーベリーの葉の効能というのは、実は宮崎県と宮崎大学が共同で研究していて、高い機能を持つことがわかったのです。

 

ブルーベリーの種類でも200種類もある中で、ラビットアイブルーベリーの葉にはC型肝炎ウイルス増殖抑制効果、血圧上昇抑制効果、抗酸化活性、がん細胞増殖抑制、抗脂肪肝作用などを有することがわかっています。

 
そのため、ブルーベリーの葉の効果・効能として期待できることでは、葉に含まれるポリフェノールに」よるアンチエイジング効果でしみ、シワの予防など紫外線によりメラニンが肌に沈着するのを防いでくれます。脂肪の特石を抑えるのでダイエット効果、脂肪肝を防ぐ効果なども期待できます。

 

ブルーベリーの葉は、湿疹やアトピーなどが気になる人にもおすすめです。それは葉にクロロゲン酸という非常に強力な抗炎症作用をもつ成分が含まれているからです。血糖値を平均26%も下げるという研究結果もあり、カフェオイルキナ酸に血糖値や血圧を下げる作用があります。

 

目の健康によいという事は知られていますが、葉に含まれるフラボノイドにも眼精疲労など、目をよく使う人にはおすすめの成分が含まれています。とくに注目されている成分では「老化による記憶障害を改善させる作用」などパーキンソン病やアルツハイマーなどの予防も期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です