ダイエットには食事の仕方を変えることも必要です

ダイエットでは摂取カロリーを減らすために食事の量を減らすことが重要視されますが、食事の仕方を変えることもダイエットに必要なことは知っていますか。

 

例えば、ダイエットをするために朝食を抜くとか、1日1食にしている人もいますが、これは逆に肥満を助長しかねません。

 

例えば、お相撲の関取が食事はチャンコを1日1回だけということはよく聞きますが、あれは肥満体になるための理にかなった食べ方と言えます。なぜなら一度に食べ物が沢山入ってくるとそれを処理するためにインスリンというホルモンが沢山出てきます、そうするとインスリンは糖分を脂肪に変える働きをするため、体に脂肪がついて肥満になるわけです。ですから規則正しく三度の食事をとることは肥満にならないためにも必要なのです。

 

そしてもう一つ大事なことは、食べ物をゆっくり噛むことです。せかせかとご飯をかきこむと、つい何杯もおかわりすることになりますが、茶碗軽く一杯のご飯をゆっくりかみしめて、ご飯の甘味が十分に感じられるようになるまで、さらにすべての食べ物が口の中で原形をとどめなくなるまで噛み続けると食欲が満たされ満腹感が出てきます。同時に糖分が少しずつ体内に入っていくため、急激な血糖値の上昇に伴うインスリンの急激な上昇を避けることができます。

ノンエー 口コミ

食事は野菜から先に食べると言う話も同じような理屈によるものと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です